ディテール・リノベの口コミや評判

公開日:2022/03/01  最終更新日:2022/03/22

ディテール・リノベ
住所:〒950-0906 新潟県新潟市中央区東幸町15-17 グラスコート東幸町A
TEL:0120-765-167

ディテール・リノベは、デザイン力に定評のある坂井建設株式会社が展開するリフォーム・リノベーションの専門店です。デザイン・耐震・断熱の3つを軸にリフォームを手がけ、家の性能を向上させるだけでなく、住む人の上質な暮らしを実現しています。この記事では、そんなディテール・リノベの特徴について紹介しています。

どんなスタイルも叶える幅広いデザイン性

ディテール・リノベでは、新築部門のディテールホームで長年培ってきたデザイン性を生かしたリノベーションを得意としています。

外観・内観ともに高いデザイン性

ディテール・リノベは、流行にとらわれず、普遍的で飽きのこないデザインで、100年先を見据えたリフォーム・リノベーションを提案しています。モダン、ナチュラル、和風など、どんなスタイルも叶える幅広いデザイン性で、古民家、マンション、二世帯住宅、店舗住宅などさまざまなタイプの施工が可能です。

外観・内観ともに高いデザイン性を追求し、造作家具などの細部にいたるまで素材の魅力を最大限に引き出す工夫を施しています。デザイン性だけでなく、家事をしやすい動線や使い勝手のよい収納にも配慮したきめ細やかなプランニングで、快適な生活を実現します。

さまざまな希望を叶える施工事例

ディテール・リノベには、依頼主のさまざまな要望をかたちにしてきた多くの実績があります。施工事例には以下のようなものがあります。

・定年退職後のセカンドライフに向けたフルリノベーション

・祖父が建てた倉庫を孫一家が暮らす4LDKのデザイン住宅にフルリノベーション

・色を変えるだけでイメージが生まれ変わった外観リフォーム

このように多種多様なケースで理想を実現するリフォーム・リノベーションが可能です。まずはなんでも相談してみましょう。リノベーションを成功させるためには、「こんな家にしたい」というイメージを収集し、今の暮らしに足りないものや不満を具体的に書き出しながら優先順位をつけていくことが大切です。

ディテール・リノベでの施工にかかる金額は、子どもがいる世帯で一般的な3LDK4LDK3040坪の住宅をリフォームする場合で800万円、築2550年の家をまるごとリフォーム・リノベーションする場合は1,000万円が目安となっています。

耐震性をプラスして古い家も安心!

地震大国といわれる日本では、数年ごとに大きな地震が発生しているのが現状です。100年先を見据えてリフォーム・リノベーションをするなら、安全に暮らし続けるために耐震性を見直す必要があるでしょう。

1981年6月に新耐震設計基準が施工されたため、これ以降に新築された家は耐震基準をクリアしています。しかし、それ以前に建てられた住宅は現在の耐震基準を満たしていないことになるのです。今までの大地震には耐えられたとしても、今後発生する地震ではどうなるかわかりません。

ディテール・リノベでは、そんな古い家を耐震性のある家に生まれ変わらせるため、耐震性にこだわってリノベーションを行っています。全棟においてしっかりと既存住宅の耐震性を点検し、リノベーション後は現在の耐震等級1に相当する構造となるように構造計算を行い、耐震性をプラスしています。

高気密・高断熱で快適空間を実現

健康で快適な暮らしを送るためには、夏は涼しく冬は暖かいという環境が重要です。現代は高気密・高断熱の技術が発展していて、新築では当たり前のように1年中快適な室温の家が建ちます。ディテール・リノベでも気密性・断熱性にこだわってリノベーションを行っています。

断熱改修で1年中快適な室内環境へ

気密性・断熱性が高い家は、外気温の影響を受けにくく、空調でつくり出した適温の空気を維持しやすいため、最小限の冷暖房の使用で快適な室内環境をつくることができます。そのため、光熱費を抑えることができ、家計にも環境にもやさしいというメリットがあります。

家全体の温度が均一に保たれやすい高断熱の家は、温度差によって引き起こされるヒートショックという健康被害を防ぐこともできます。また、結露を防ぎカビやダニの発生を抑えるため、健康的な暮らしにつながります。

高断熱のポイントは「窓」

一番断熱性の高い家は、窓のない家です。しかしそれは非現実的で、自然の光や風を取り入れる窓は、家にとって大切です。そこで、ディテール・リノベでは窓に「トリプルサッシ」を使用することで断熱性を高めています。

昔の家はとくに窓の数が多く、窓を重点的に施工することで家全体の断熱性を高める効果があります。断熱等級の高いトリプルサッシを採用することで、窓から入る明るい光や心地よい風はそのままに、快適な室内環境を保てる高断熱の家に生まれ変わるのです。

 

家が古くなると建て替えを選択するという人も多くいますが、現在の性能にあう耐震構造や断熱性能をリフォームでつくっていけば、今後35年以上にわたって住むこともできます。思い出のある家を、世代を超えて大切に引き継いでいけたら、どんなにうれしいことでしょうか。

ディテール・リノベでは、古い家に耐震性や断熱性をプラスして、デザイン性にもこだわった安全で快適な暮らしを実現できます。公式サイトからは相談会の予約や資料請求ができるので、リフォームを検討している方はぜひ問い合わせてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

近年のコロナ感染だけではなく、従来の感染予防対策の1つとして換気をすることが挙げられます。窓を開けていればいいのでしょう?と考えているとしたら大きな間違いです。人だけではなく、家のための換気
続きを読む
リフォームの話題のなかで「リノリウム」という言葉が出てくることが少ないかと思います。何かの施工技術?と不思議に思う方もいるでしょう。実はリノリウムは、リフォームにかかせない建材なのです。それ
続きを読む
古い住宅は断熱性能が充分でないことが多いため、家の中の暑さや寒さに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実はこの断熱性能は、リフォームで改善できるのです。この記事では、自宅の断熱リフォーム
続きを読む