リフォームとリノベーションの違いとは?信頼できるリフォーム会社の選び方も解説

公開日:2024/06/15  


住まいを新しくする方法には、リフォームとリノベーションがあります。これらの違いを理解した上で、どちらの方法を選ぶべきか考えましょう。また、信頼できるリフォーム会社を選ぶことも大切です。今回はリフォームとリノベーションの特徴や違いに焦点を当てて説明し、信頼できるリフォーム会社の選び方についても解説します。

リフォームの特徴とは

リフォームとは、建物をもとのきれいな状態に戻す作業を指します。具体的には外装の塗りなおし、壁紙の張替え、ドアや廊下の修繕などが該当します。リフォームにより住まいが美しさを取り戻し、快適な空間へと一新されます。

以下はリフォームの主な特徴です。

住み慣れた雰囲気の保持

リフォームでは、住み慣れた家の雰囲気を残しつつ改修できます。既存の住まいを活かすことができるため、家族にとって馴染み深い場所や思い出を大切にしながら、より快適な空間へとアップデートできます。

短い工事期間とコストの抑制

リフォームは工事期間が比較的短く、コストを抑えての改修工事が可能です。また、建物に住みながら進めることができ、騒音や不便さが最小限に抑えられるというメリットもあります。急に修繕や改修が必要になった場合でも、リフォームであれば迅速に対応できます。

完成形をイメージしやすく生活に影響が少ない

リフォームは完成形がイメージしやすく、家具の配置や生活動線に大きな影響を与えません。計画的にリフォームを進めることで、スムーズに住環境をアップデートできます。

総じてリフォームは手軽で効果的な方法といえます。

リノベーションの特徴とは

続いてリノベーションについて説明します。リノベーションの特徴として、設計の自由度が高く豊富な選択肢があるという点があげられます。具体的な作業としては、キッチンの変更、災害対策の工事、広々としたリビングの作成などが挙げられます。リノベーションでは新築と比較してコストを抑えつつ、建物のデザインや機能を一新することができます。

一方で、リフォームと比べると工事費用が高くなりやすく、工事期間が長くなるという課題も存在します。とくに耐震工事が必要な場合は費用があがり、ローンの金利が高くなる傾向があります。その分慎重な検討が必要です。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションはどちらも建物の改装工事を行う手法ですが、それぞれ異なるアプローチが取られます。リフォームは主に部分的な修繕や改修を指し、外装の塗り替えや壁紙の張り替えなどを行うのが一般的です。

一方でリノベーションは建物全体に手を加え、大規模な改装工事を行うことを指します。リノベーションはリフォームよりも規模が大きく、既存の住宅に新しい付加価値を加え性能を向上させることが可能です。それぞれのメリットをまとめると、リフォームはコストや工期を比較的抑えることができ、リノベーションは設計の自由度が高く新たな価値を取り入れることができます。

ここまでの内容を踏まえ、リフォームは手軽な改修手法であり、リノベーションはより大規模な変革を追求する手法といえるでしょう。予算や目的に合わせ、建物の状態や個々のニーズを考慮しつつ適切な選択をすることが重要です。

信頼できるリフォーム会社の選び方

リフォームやリノベーションを検討する際、信頼できるリフォーム会社を選ぶことが重要です。以下は、信頼できるリフォーム会社を見極めるためのポイントです。

経験と実績の確認

リフォーム会社の実績や経験年数を確認しましょう。過去の仕事のクオリティやプロジェクトの規模を考慮して、信頼性を見極めるための判断材料とします。

リフォーム(リノベーション)の種類に応じた専門性の確認

リフォームやリノベーションの種類によって適した業者が異なります。一般的にフルリフォームやリノベーションならハウスメーカーやリフォーム専門店、部分リフォームなら家電量販店や住宅設備メーカーが適しています。各業者の得意分野を確認し、希望しているリフォームに合った業者を選びましょう。

資格や許可証の確認

信頼性を確認するために、リフォーム会社について建設業許可証の有無や一級建築士などの資格をもっているスタッフが在籍しているかを確認します。技術力や法令遵守がされているかを確かめるための指標となります。

保証とアフターフォロー内容の確認

リフォーム後の保証やアフターフォローの内容を把握し、トラブルが生じた際の対応策を理解しておくことも重要です。いざというときのために、しっかりとした保証があるかどうかを確かめましょう。

見積もりの比較

複数のリフォーム会社に見積もりを依頼し料金を比較することで、適正な価格を判断することができます。もちろん安さだけでなく、提案の質も重要です。

ポータルサイトや口コミの確認

リフォーム会社のWebサイトやポータルサイトの口コミを確認することで、ほかの顧客の評価や意見を知ることができます。口コミは信頼性やクオリティを判断する上での参考になります。

担当者とのコミュニケーション

リフォームプロジェクトでは担当者との密なコミュニケーションが重要です。提案の質、質問への回答の的確さ、相性などを確かめ、信頼できる担当者であるかどうかを見極めましょう。

地元密着度の確認

地理的な近さや地元密着度も見逃せないポイントです。リフォーム会社が近くにあるとコミュニケーションがスムーズに取りやすく、トラブル時には迅速に対応してもらうことができます。これらのポイントを検討することで信頼性の高いリフォーム会社を見極めることができ、リフォームの成功につながります。

まとめ

住まいの改装方法には、リフォームとリノベーションがあります。リフォームとリノベーションにはそれぞれ異なる特徴があります。リフォームは短期間・低コストで手軽に家を美しく変身させる手法です。一方、リノベーションは大規模な工事を通し建物に新たな付加価値を与えることができ、デザインに自由度があることが特徴です。改装目的によってどちらが適切かは異なります。

また、信頼できるリフォーム会社を選ぶ際のチェックポイントとしては、実績、専門性、資格の有無、保証内容、見積もり比較、口コミ、担当者とのコミュニケーション、地元密着度などがあげられます。複数社を比較検討し、リフォームの成功、理想の住まいの実現を目指しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

古くなった家を建て替えるかリノベーションするかで迷っていませんか?どちらも一歩踏み出すのに勇気がいりますが、問題解決を希望なら、断然リノベーションがおすすめです。 最近は住宅性能の向上に対し
続きを読む
子ども部屋のリフォームは、ただ単に空間を美しくすること以上の意味をもちます。子ども部屋のリフォームを通し子どもの想像力と創造性を刺激し、成長の機会を提供することができます。この記事では子ども
続きを読む
住まいを新しくする方法には、リフォームとリノベーションがあります。これらの違いを理解した上で、どちらの方法を選ぶべきか考えましょう。また、信頼できるリフォーム会社を選ぶことも大切です。今回は
続きを読む