リフォームは大手会社より、地元の工務店が好まれているって本当?

公開日:2023/11/15   最終更新日:2024/04/11

新築の住宅も10年以上経過すれば、不具合が生じることがあります。それはリフォームのタイミングかもしれません。リフォームの依頼先としてあがるのが大手リフォーム会社や地元工務店です。では、どちらに依頼した方がよいのでしょうか。今回はどちらに依頼した方がよいのかについて、詳しく紹介します。

リフォームは大手会社と地元工務店のどちらに依頼する?

リフォームを依頼する時はどこに依頼しますか?一般的に、リフォームの依頼先は大手リフォーム会社や地元工務店などです。では、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。こちらでは大手リフォーム会社と地元工務店のそれぞれの特徴について、詳しく紹介します。

大手リフォーム会社とは?

大手リフォーム会社とは、全国に多くの拠点を持つリフォーム会社のことです。拠点は、北は北海道から南は沖縄まで、各都道府県に最低1拠点はあります。経営は直営、またはフランチャイズのいずれかです。近年はフランチャイズが増加傾向にあります。

大手リフォーム会社の特徴とは?

大手リフォーム会社の特徴は、一般的に営業会社がほとんどです。仕組みはお客様からリフォーム工事を受注し、受注した仕事は地元の工務店などに下請け工事として発注する流れです。

一般的には、大手リフォーム会社は営業・現場管理・アフターフォローなどを担当し、現場工事は地元の工務店などの別会社に下請けに出しています。大手リフォーム会社はゼネコンの仕組みとほぼ同じです。

地元の工務店とは?

地元の工務店とは、特定の地域に根ざして長年建築工事のみを専業で行っている建築会社のことです。拠点は通常地元に1拠点のみになります。経営は通常家族経営が大半です。従業員は社長をふくめ大工さんがほとんどです。

地元の工務店の特徴とは?

地元の工務店の特徴は、営業・現場管理・現場工事のすべてが自社完結であることです。通常社長が営業を兼ねて地元の行事や催し物に参加・貢献し、信頼を重ねて、地元の人たちの新築工事やリフォーム工事を請け負う流れです。その後社長が現場監督と大工の棟梁を兼ねて、自社の大工さんを使って工事を完成させます。

また自社の仕事が手薄な時は、大手リフォーム会社のリフォーム工事を請け負うこともあります。リフォーム工事を地元で実績がある工務店が担当すると、素晴らしい仕上がりになることが期待できます。

大手リフォーム会社に依頼するメリット・デメリット

リフォームを大手リフォーム会社に依頼すると、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?こちらで詳しく紹介します。

すべての工程が滞りなくスムーズにすすむ

大手リフォーム会社に依頼するメリットは、すべての工程が滞りなくスムーズにすすむことです。一般的に、大手リフォーム会社も最初は地元の工務店だったところが大半です。

どんどん全国展開しているうちに、無駄を省き、業務を効率化させ、もっとも利益がでるように仕組化します。結果最大限システム化され、すべての工程が滞りなくスムーズにすすむようになりました。

担当者によって当たりはずれが激しい

大手リフォーム会社に依頼するデメリットは、担当者によって当たりはずれが激しいことです。大手リフォーム会社は、会社が大きく、工事を下請けなどに外注化しています。そのため担当した営業・現場監督・下請け工事会社・アフターフォロースタッフなどにバラツキがあります。

よい担当者に当たればびっくりするくらい満足度の高い仕事になることでしょう。逆に悪い担当者に当たると、雑で、やっつけ仕事をされることもあります。とくに営業・現場監督・下請け工事会社・アフターフォロースタッフの組み合わせが悪いと、全員がバラバラのことをいったり、打ち合わせと違うことをすることもあります。

大手リフォーム会社で、担当者がはずれると満足度が落ちる仕事をされてしまうかもしれません。

地元の工務店にリフォームを依頼するメリット・デメリット

リフォームを地元の工務店に依頼すると、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?こちらで詳しく紹介します。

リーズナブルな価格で高品質なリフォームができる

地元の工務店に依頼するメリットは、リーズナブルな価格で高品質なリフォームができることです。地元の工務店は、大手リフォーム会社に比べて、人員・設備・システムが小規模です。そのため小回りが利き、フットワークが軽く動けることから、コストを抑えることができます。よってリーズナブルな価格で、リフォーム工事を請けることが可能です。

また地元の工務店には、腕利きの本格派の職人が多いことから、高品質な仕事をしてくれます。これらのことから地元の工務店に依頼すると、リーズナブルな価格で高品質なリフォームが期待できます。さらに地元の工務店は、地域密着なので、アフターフォローも迅速に対応することが可能です。

保証内容が充実していない可能性がある

地元の工務店に依頼するデメリットは、保証内容が充実していない可能性があることです。理由は、地元の工務店は建築の専門業者であることから保証部門がないからです。ただし、リフォーム工事に入る前に、リフォーム工事保険などに入れば十分保証が担保されます。

まとめ

今回は、リフォームは大手リフォーム会社と地元工務店ではどちらに依頼した方がよいのかについて紹介しました。今回のポイントをまとめると、リフォームは大手リフォーム会社と地元工務店では地元工務店に依頼することをおすすめします。

理由は地元工務店は、リーズナブルな価格で高品質なリフォームができるからです。また地域密着なので、アフターフォローも迅速に対応することができます。本記事が、リフォームは大手リフォーム会社と地元工務店ではどちらに依頼した方がよいのかについて詳しく知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

住まいを新しくする方法には、リフォームとリノベーションがあります。これらの違いを理解した上で、どちらの方法を選ぶべきか考えましょう。また、信頼できるリフォーム会社を選ぶことも大切です。今回は
続きを読む
新しいキッチンを作るなら、ぜひパントリーの導入を考えてみませんか?パントリーとは、食材や調理器具を整理するための収納スペースのことです。この記事では、パントリーの魅力と設置する際のポイント、
続きを読む
古い家をリフォームするとき、そこに潜む問題に着目すべきです。リフォームを計画する際に考慮すべきポイントを知り、安心して改修を進めましょう。この記事では、古い家の問題点、リフォームの際のポイン
続きを読む