耐震リフォームってどんな工事?耐震診断や工事の流れ・内容について

公開日:2023/07/15  最終更新日:2023/04/24

耐震

家をリフォームしようと考えたときに重要視するところはどこですか。キッチンやトイレなどの設備を新しくする、間取りを変える、外壁の色を変えるなど人によってやりたいことは異なります。古い家にそのまま住み続けていると心配なのが家の耐震性です。リフォームを考えているのであれば耐震リフォームについてもぜひ考えてみてください。

耐震リフォームって何?

耐震リフォームの概要について解説します。

耐震リフォームとは

耐震リフォームは家を大きな地震がきても耐えられるようリフォームすることを指します。家はひとつひとつ建て方や構造、材料、築年数などが異なるため、まずはどれくらい耐震性があるかを業者にチェックしてもらいましょう。

その上でどんなリフォームがよいのか相談し、工事を行います。

どんな工事をするのか?

耐震リフォームにはいろいろな方法があります。費用や工事期間が異なるため見積もりを出してもらってどんなリフォームをするのがよいか考えましょう。

地盤の補強工事

地盤が軟弱な場合、セメントなどを土と混ぜ合わせることで人工的に強い地層を作ります。しかしすでに家が建っている状態で地盤の補強作業を行うのは費用が高額になるため実行することは少ないでしょう。

やるとしたら建っている家を取り壊してからしっかり地盤の補強工事をし、新しい家を建て直すことになるでしょう。費用が高額かつ長期間の工事に及ぶ可能性が高いです。

基礎の補強

基礎にひび割れなどがあった場合、大きな地震がくるとさらにヒビが大きくなりそこから家が倒壊してしまう危険性があります。基礎を打ち増しする、無筋のコンクリートを有筋にするといった工事を行います。

屋根を軽くする

昔ながらの日本瓦は重いので、その重さが基礎部分にかかります。また屋根が重いと地震がきたときに揺れが大きくなりやすくなっています。軽量な屋根の材料に変更することで、基礎や柱などにかかってくる重さや反動が少なくなるため耐震性がアップするという仕組みになっています。

耐震性の高い壁にする

既存の壁に斜めの筋交いを入れる、合板を貼り付けるといった方法で壁の補強を行います。

耐震リフォームの流れ

耐震リフォームはどのように行うのでしょうか。流れについて解説します。

耐震診断を行う

耐震診断とは建物が地震に対してどれくらいの安全性があるか、地震が起きた場合どれくらい被害が出るかといったものを数値化したものになります。既存住宅状況調査技術者が建物をチェックし、診断ソフトに内容を入力、建物の耐震性を評価します。

診断によって大きな地震で倒壊する可能性があるとなった家は、倒壊しないというところまでリフォーム工事をして評価点を上げた方が安全でしょう。建物の基礎部分にひび割れがないか、屋根や床、壁などに劣化がないか、シロアリなどの被害で木材が劣化していないかなどをチェックします。

どんなリフォームを行うのか決める

耐震診断を行うと、自宅の耐震度が分かります。どんなリフォームをすれば耐震性がどれだけ増すのか、費用はどれくらいかかるのかといった部分を確認しながらリフォーム内容を決めてきましょう。

工事を行う

耐震性を高めるため工事を行います。小さな子どもがいる、ペットがいるといった状況で大掛かりな工事を行う場合や長期的な工事が必要な場合は仮住まいに引っ越した方がよいケースもあります。工事の前にしっかり確認しておきましょう。

耐震リフォームはどんな人におすすめ?

耐震リフォーム以外にもリフォームしたい個所がたくさんある方もいるでしょう。どんな方に耐震リフォームがおすすめなのかお話しします。

古い耐震基準で建てられた家に住んでいる人

古い耐震基準で建てられた家は、今の耐震基準より緩い基準で建てられています。そのため大地震がきたら家が倒壊してしまうかもしれません。

家に住んでいて揺れを感じる人

普段生活していて、強風や弱い地震、トラックがそばを通ったときなどに揺れを感じる場合は耐震補強をしたほうが賢明です。家のどこかが劣化している可能性があります。普段生活しているときに揺れているようでは、大地震がきたら倒壊してしまう危険が高いです。

壁が少ない家

窓が多い、一階にガレージがあるといった家は壁が少なく耐久性、耐震性が低い場合が多いです。建てたばかりではない家の場合は耐震工事をおすすめします。

まとめ

リフォームをしようと考えると、外壁の色を塗り替えて気分を変えたい、最新式のキッチンで料理がしたい、タンクレスのトイレにしたいなど、やりたいことを考え出したらきりがありません。しかし、自宅の耐震性が少しでも気になるようであれば、まずは耐震診断を行いましょう。

診断結果によって、耐震リフォームをした方がよいのか、どんな工事をした方がよいのかが分かります。

日本はいつどこで地震が起こるか分からないので可能であればキッチンやトイレなどの設備を最新式にするのを少し待って、先に耐震リフォームをしてみてはいかがでしょうか。大地震で家が倒壊してしまっては家族の命の危険もあります。家族で耐震リフォームをするかどうか、相談してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

住宅には寿命がありますが、定期的なメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます。リフォームの時期はケースバイケースですが、築10年以降が目安とされています。 水まわりの設備に不具合が
続きを読む
リフォームにも補助金がある支給の条件について解説します。住宅改修やエネルギー効率向上など、さまざまな目的に補助金が活用できます。この記事では、補助金の種類や申請方法、注意点などを詳しく解説し
続きを読む
法律上の定義があるのが改築ですが、リフォームは法律上に定義が存在しません。また、100万円以下で行われることが多いリフォームに対し、改築は2,000万円程度を負担するときもあります。このよう
続きを読む
リフォーム関連コラム